銀のスプーンやナイフなどが使っているうちに黒ずんでしまい、そのままになっている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
ここではそんな銀の黒ずみを綺麗にする方法をご紹介します。

銀の性質

銀は時間の経過とともに自然に変色します。この変色は銀の特性で、銀が硫黄の化合物と反応して表面に黒い皮膜を作るためです。

この皮膜は普通の汚れと違い、水と洗剤で洗っても落とすことができません。黒ずみを落とすには、銀の性質に合わせた手入れが必要になります。

手入れには多少の手間がかかりますが、この手入れによっていつでも輝きを取り戻せるのも、銀製品の特長であり楽しみの一つと言えます。

手入れの方法

ここでは手入れの方法を2つご紹介します。

  • 方法① 重曹で手入れ
  • 方法② 市販の銀専用クリーナーで手入れ

① 重曹で手入れ

重曹をつかった手入れは、銀専用クリーナーをお持ちでない方におすすめです。
重曹は古くから料理に利用されて来た身近な存在です。スーパーやドラッグストアなどに置いてありますので、クリーナーよりも手に入れやすいのが利点です。

もうひとつ、この方法はお湯に浸けておくだけで黒ずみが取れますので、あまり手間がかからないという利点もあります。手入れの必要な銀製品がまとまった数ある場合や、少し大きめの銀製品の場合にこの方法を用いると手軽に手入れができます。また磨かずに黒ずみが取れますので、磨くと傷めてしまいやすいものにも向いています。

この方法で落とせるのは褐色程度の軽い黒ずみに限ります。黒く厚い硫化銀の皮膜は落とすことができませんので、その場合は市販の専用クリーナーをご利用ください。

注意点としては、製品に銀以外の素材が使われていたり、継ぎにニカワなどの固定材が使われていたりする場合、その部分が液に浸ると傷む可能性があります。また、この方法は純銀の製品だけでなく、シルバープレート製品でも可能ですが、シルバープレート製品は使用状態や地の金属部分の現れ方により、液に浸ると傷む可能性があります。手入れの際は製品の性質や状態を考慮し、十分に注意してお試しください。

〇用意するもの
  • プラスチック容器(耐熱温度が100度以上で、しっかりしたもの)
  • アルミ箔
  • 重曹
  • 熱湯

〇手順

ここから写真とともに手順をご説明します。
今回は実例として変色したスターリングシルバーのカトラリーを用意しました。

手順①

プラスチック容器にアルミ箔を敷きます。

silvercare3

アルミ箔の上に銀器を並べます。その際、器が重ならないように注意します。

shilver-teire_image008

手順②

熱湯と重曹を準備します。
熱湯は銀器がすべて浸かる量を用意。
重曹は熱湯1リットルにつきスプーン1~2杯が目安です。

今回の例では熱湯を2リットル、重曹をスプーン4杯分用意しました。
熱湯は沸騰したものを使います。扱う際は十分にご注意ください。

silvercare5

手順③

容器に沸騰した湯を注ぎ、さらに重曹を加えます。
重曹を入れる際は一カ所に固まらないよう、全体に振りかけるようにするとよいです。
写真は重曹を入れた直後の様子。

silvercare6

手順④

必要に応じて、銀器の向きを変えます。
写真は重曹を加えてから15分ほどたった時点の様子。
ピッチャーの向きを変え、スプーン類を裏返しました。
ピッチャーを動かした跡がわかります。

silvercare7

手順⑤

黒ずみの落ち具合をみて、適当なタイミングで取り出します。
今回の例では2時間半後に取り出しました。
取り出した後は、水で洗い、乾いた柔らかな布で拭きます。

黒ずみが取れ、綺麗になっています。

silvercare8

ピッチャーはハンドルの付け根に少し黒ずみが残りました。
残った黒ずみは市販のクリーナーをつかって取り除きます。

silvercare9

今回は2時間半で取り出しましたが、様子を見ながらもっと短時間で取り出しても良さそうです。
黒ずみの取れる様を見ながら時間の経過を楽しみましょう。

手入れ前

shilver-teire_image002

手入れ後

shilver-teire_image004

② 市販の銀専用クリーナーで手入れ

「銀磨き」として市販されているクリーナーを使って手入れをします。
クリーナーにはペースト状、液体状、クロス(研磨・つや出し布)などの種類があります。

銀食器の手入れには、布に取って磨くペースト状のクリーナーがよく使われています。具体的には商品名Silver Cleaner「ラッキーウッド」のブランド(小林工業)で市販され百貨店などで入手できます。