2017/11/17
ヴェネツィアの画家ティツィアーノ その1

昨年より本年初めにかけて、日本とイタリアとの国交樹立150周年を記念した、イタリアを代表する大画家の美術展が東京を中心に数多く開催されました。ルネッサンス前期を代表する画家ボッティチェリや、バロック絵画を切り開いたカラバッジョなど、これまで日本ではなかなか観ることの難しかった名画が数多く招来され、多くの観客が(私もその中のひとりですが)作品の魅力を身近に味わったことと思います。レオナルド・ダビンチやミケランジェロなど日本での人気の高い芸術家の展示も多かったように思います。

そんな中にあつて、イタリアルネッサンス芸術の最盛期に、水の都ヴェネツィアで活躍したティツィアーノの絵も数点ですが観ることが出来ました。「ティツィアーノとヴェネツィア派展」と題されたこの美術展では、15世紀から16世紀にかけて海洋交易により発展し、この時期に都市国家としての最盛期を迎えたヴェネツィア共和国で、芸術分野の黄金期を支えた芸術家たちを紹介していました。ジョヴァンニ・べッリーニに始まりジョルジオーネ、ティツィアーノさらにティントレット、ヴェロネーゼ等々が素晴らしい作品を残しています。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488/90-1576)は、日本での知名度が高くない画家ですが、イタリアはもちろんヨーロッパでは評価の定まった人気の高い芸術家のひとりです。当時としては珍しい彼の長き生涯において、その才能を存分に発揮して、キリスト教の世界やギリシャ・ローマの神話世界を創造力豊かに表現することに成功しています。一方、優れた人間観察によって描かれた肖像画は、どんな人物を対象とした時でも完成度の非常に高いものとなっています。

 

 

2017/09/25
我が愛車「ランカスター」

私は今、製造から20年になろうとするボロ車に乗っています。スバル車「ランカスター」の走行距離は、あと少しで15万Kmにもなります。4年前、10万Kmを超えたあたりで、エンジンオイルの大量漏れが発生し高速走行ができなくなりました。そこで、タイミングベルトの交換と同時にエンジンブロックシールの全面更新を行いました。多額の出費をみましたが、経年劣化する部分であるため仕方ありません。

今走っている車のほとんどがオートマチック車ですが、私の「ランカスター」はマニュアルトランスミッションです。マニュアル車にもいい点があります。燃費性能です。今までの記憶に残る最高実積は、ガソリン満タン60Lを給油し、高速道路を時速80Km前後の定速走行を続けて750Kmの距離を走った事でしょうか。2500ccの車としてはまあまあかと思いませんか。

自動車は常に主要部品の点検、更新が大切との認識のもと、油脂類、交換部品を含む17項目を一覧表にして管理するのが私のやりかたです。日頃からのチェックにより、車検の時には法定費用と基本料金のみとなるよう努力しています。今年の8月下旬に終了した最新の車検も、問題なく無事通過できました。

ところで、この車の名前は、イギリス、イングランド北西部ランカシャー地方の中心都市「ランカスター」といっしょなんです。中世イングランドのバラ戦争で有名なヨーク家の白バラに、ランカスター家の赤いバラ。その赤い方です。イギリスを訪れた仕事合間の一日に、ロンドンから3時間電車にゆられてこの町を訪れました。

18世紀から19世紀にかけて建てられた灰色の石造りの家々が、小高い丘に向かって整然と続く街並み。大西洋へと流れ込むルーン川の大きな河口に面した落ち着いた佇まいの町でした。北国の3月の寒気の中、夕暮れに染まる町を見下ろせる高台から、静かに横たわる薄墨色の海を見ることができます。

イギリスの北の町の、美しい光景の中を走る「ランカスター」の雄姿を想像してみます。そうしているうちに、文句も言わず、長年にわたって連れ添ってくれる伴侶への気持にも似た感情が、この車に対しても芽ばえてきたのかもしれません。いずれにしても、これから20万Kmを目標に、愛車「ランカスター」と、あゆみを共にしたいという思いを強くする今日この頃です。

時間をともに歩んできた、人間と愛された品物たち。少しの間、アンティークの世界に立ち寄ってみませんか。
SHOPぺージで商品紹介しております。ご覧ください。

下写真はランカスター城

2017/09/02
灯りの改良と文明発展について その2

1870年代~80年代は、エジソンやワッツによる長時間使用に耐えるフィラメント素材の改良が進み、電気照明の普及に拍車がかかります。英国ではヴィクトリア朝後期より20世紀初頭にかけ、人々は新たな灯りを賞賛の声をあげて迎えました。これまでのものと違い、においも煙もでないのですから。イギリスの場合、1931年において、一般家庭の半分程度にまで電気の灯りが行き届くようになったといいます。1939年には75%にまで拡大したとの統計があります。日本の場合はもう少し遅れていたかもしれませんね。
 
その後、電気をエネルギー源とした、様々なエレクトロニクス製品が世の中に出現していきます。冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコンなどの電化製品は、今の私たちの生活に必要不可欠なものたちです。電気照明の世界でも技術革新は進み、蛍光灯、LED照明が、新たな光源として加わりました。現在は、多様な種類の灯りを選択できる便利な時代となっています。
 
アンティークスに関わる仕事をしていますと、昔使われたままのガス仕様の灯りと、マーケットで出会う事があります。そんな時にはそれらを買い求め、電気仕様に変えて使用できるようにすることもあります。
 
文明が高度に発展し、どんなに便利な時代になっても、人間の記憶の奥底には、その昔、薪の灯りで夜を過ごした生活のことが、無意識のうちに刻まれているに違いありません。ですから時に、ローソクの灯りで、夜の時間を過ごしてみるのもいいかもしれませんね。
 
下の写真は、ガス仕様と思われる灯りを、電気照明に改良したものです。

SHOPぺージで商品紹介しております。ご覧ください。

 

2017/08/10
灯りの改良と文明発展について その1

灯りの改良と人間の文明発展とは、限りなく大きな関わりを持つものではないでしょうか。現代を生きる私たちでも、照明器具なしには、夜間の活動をすることは不可能です。24時間営業のコンビニエンスストアも存在できません。

人はその昔、日の出とともに起き、日没にはその働きを止めました。火の発見からその後の長い時間をへて「ローソク」が発明されました。人は安定した夜の時間を、やっと手に入れることになります。しかしローソクの灯は短い時間しか使えません。その為、もっと長い使用に耐え、少しの風が吹いても大丈夫な「オイルランプ」を考え出します。多種多様な油(動物、植物、鉱物に由来する)を使って、便利で文化的な夜の生活をするようになっていきます。オイルランプの時代は、紀元前の原始的な器具の使用から、20世紀に入って完全に電気照明にとって代わられるまで、とても長い期間にわたりました。もちろんローソクの灯りも、オイルランプ同様長きにわたり使用されました。

19世紀初頭には、いよいよ「ガス照明」の時代が幕を開けます。石炭からのガス抽出と、バーナー(燃焼)部分の飛躍的な技術発展により、都市部の公共設備を手始めに、広く配置されてゆきました。日本でも、銀座や横浜で、いち早く街灯としてガス燈が設置されたことは良く知られています。イギリス、フランスなどヨーロッパの先進国では、都会の裕福な家庭でガス照明がもてはやされました。今、私たちの使用する灯りにつながるシャンデリア、フロアースタンド、テーブルランプ、ウオールブラケットなどの灯りが、ガス仕様で次々と製作されました。19世紀は、まさにガス照明の時代といえるかもしれません。

イギリスで仕入れたオイルランプです。

SHOPぺージで商品紹介しております。ご覧ください。

 

2017/06/19
カントリーハウス訪問記

5月下旬の一日、仕入れの合間を利用して、イギリスの代表的な貴族の館の1つである「ハットフィールド・ハウス」(HATFIELD HOUSE)を訪れました。

ロンドン中心部から北東に約30㎞の場所にある、この広大な屋敷は、かつてエリザベス女王(1世)、そしてその後を引き継いだジェームス王(1世)にも仕えた、大政治家ロバート・セシルのカントリーハウスとして建てられたものです。エリザベス女王の死後、4年たった1607年に始まり、410年の歴史を今に伝える、ジャコバン様式の貴重な「One of The Treasure Houses of England 」です。父、ウイリアム・セシルと共に、宗教改革の激動の時代を乗り切り、英国を強大な国家へと躍進させたロバートは、初代ソールズベリー伯爵となりました。その子孫であるソールズベリー侯爵は、今もこの館に住んでいるそうです。

館内は、木材を多用した内装になっていて、素晴らしい木彫が施され、威厳のある空間を創り出しています。絵画や彫刻をはじめ、素晴らしいアンティークの調度品が部屋を飾っていました。エリザベス女王(1世)の有名な2枚の肖像画も見ることが出来ました。

外に出ると、建物の周囲には多様な庭園が展開し、たくさんの花が咲き誇っています。庭全体の調和を大切にするイングリッシュ・ガーデンの神髄が、とても良く示されていると感じました。

今後、新入荷の商品を順次ご紹介いたします。ご高覧の程、よろしくお願いいたします。

1 / 212