2018/08/14
骨董の愉しみ

骨董品を扱う仕事をしていて、ふと思う事があります。「骨董の愉しみ」とは何なんだろうかと。この問いにはそう簡単には答えが出せません。試験の問題に対する正解のようなものが、ここにはないようなのです。それは「骨董」或いは「骨董品」に対する人々の感じ方や考え方が、多分に主観に基ずくばかりで、客観性に乏しいことによるのかもしれません。いずれにせよ、骨董またはアンティークの品々には、全ての人ではないにせよ少数の者を引き寄せる何かがあるようなのです。

人間はきっと原始の昔から、自分や自分達につながる人々の作り出して来た様々な道具を大切に扱いながら、そしてそれらの道具に対する感謝の念をもって、それらの品々と共に生きて来たのではないでしょうか。そうした道具類の中でも、とりわけ有用で完成度の高いものを、価値ある物と認め、それらの品物に対する特別の感情を抱くようになったのは、とても自然な成行きかもしれません。ただこの推論は、まったく私の想像でしかありませんけれども。

私自身も、真のアンティークとも言える、100年以上の時を生きて来た古い品物に触れるとき、それらに対する何か尊敬の念ともいえる心情を抱いている自分を認めることがあります。人間の記憶の中に、過ぎ去った昔の楽しかった事、苦しかった事が強く刻まれるように、長い時間をいきのびたアンティークの品々の中にも、人は何か言葉では言い表せないものを強く感じ取るのでしょうか。もしかしたらそれは、かってそれらの品々を使っていた人々の生きた時代と、その生の喜怒哀楽を、それらの品物を通して無意識に追想する体験なのかもしれません。

よく分からない部分ばかりですが、骨董の品々に魅惑される心を素直に肯定し、少しずつ買いためたお気に入りの道具に囲まれながら、そして時々にはそれらを使って、楽しい時を過ごすことが出来れば満足でしょうね。

「骨董の愉しみ」のもう一つ。それは、品物を通してタイムマシンに乗ったように、古い時代にタイムトリップできる事でしょう。様々な地域、それぞれの時代の中から生み出された品々には、どうしてもその時代の空気や、特徴的な色合いが織り込まれています。この点に付いては、とても客観的に立証可能です。買い求めた品物の背後にその歴史を感じ取り,その時代を学び、そこから具体的な歴史認識を持つことが出来れば、「骨董の愉しみ」はより一層広がる事でしょう。

どんなきっかけであっても、アンティークの世界に足を踏み入れた人には、その人にしか作れない、奥の深い愉しい世界が待っているのかもしれません。貴方もそんな愉しみをいっとき経験してみませんか。

以上のつぶやきは、とても主観的なつぶやきです。あまり参考になりませんが、貴方はどう思われますか。

100年以上前の古いタイルです。暖炉のまわりを飾っていたのでしょうか。今はこうして額におさまりました。

2018/04/20
カズオ イシグロ作品「日の名残り」の世界

昨年のノーベル文学賞が、日系英国人のカズオ イシグロ氏に決まったとのニュースを聞いて、少なからず驚いた方は多かったのではないでしょうか。私もそういう中の一人でした。以前よりこの作家の名前を聞いた事はあったものの、「作品が映画化されて話題となった文学作家」との認識しか持っていませんでした。ですから受賞の報に接して初めて、この長崎生まれの作家に強い関心を抱くこととなりました。その後、代表作の一つである「日の名残り」の映画作品を見る機会に恵まれました。それからまもなく原作小説を読むこととなりました。

この作品の主人公、ミスター・スティーブンスは名門の英国貴族に仕える執事であり、彼の目を通して第二次世界大戦をはさんでのイギリス、さらに彼のご主人様である貴族の歴史的凋落と、執事としての自分自身の人生の浮き沈みが語られます。過去から現在への時の流れと、今のまなざしを軸として昔を振り返る主人公の追想が、時空を相互にクロスしながらも巧みな文章によって表現されています。

彼のご主人ダーリントン卿は大戦の始まる前、親ドイツ派の人物として英国の政治、外交にも影響力を持つ名門貴族でした。戦後はその行動を非難され、名誉を失ったまま失意の内に生涯を終えます。スティーブンスはダーリントン卿を尊敬し、その決断を常に正しいものとして肯定してきましたが、今はその過ちに気付いており、かつての様々な出来事を回想するのでした。

この小説の大切な登場人物である家政婦長、ミス・ケントンが仕事の同僚である主人公スティーブンスの伴侶となり、彼の人生に最後まで係る関係を持ちたいと希望しながらも、現実には別の選択をして、そのことを時々悔やむ自分にいら立つように、多くの人々は自らの人生を振り返る時、様々な道の分岐点に於いて選んだものを認知するより他はないようです。

人は何を指標として生きるべきなのでしょうか。生涯の終わりが見えてきたと自覚された時、それまでの人生を総括して、何を肯定し或いは否定することが出来るのかを問うとても怖い小説だと思います。しかし別の見方をすれば、これからの長い道のりを歩むであろう若い人達へのメッセージとして、自分の過ちに気付いた時にはそれを素直に認め、そこから新たな地平線に向けて歩み始める事の大切さを示しているのかもしれません。

この作品について、私の場合は映画鑑賞が先で後に原作を読むこととなりましたが、出来れば原作を先に読まれることをお勧めします。その訳は映画の中で主人公を演じる俳優、アンソニー・パーキンスの個性があまりにも強すぎるためです。

当時の執事の、大事な仕事の一つであるとされる銀磨きの場面が小説の中に登場します。イギリス人の銀器へのこだわりが強く印象に残りました。アンティークの銀製品を是非一度使ってみてください。
下の写真はシルバーデザートフォークです。

SHOPぺージで商品紹介しております。ご覧ください。

2017/12/30
ヴェネツィアの画家ティツィアーノ その2

ティツィアーノの作風は、20代の色彩豊かでみずみずしく明るい色調のものから歳を重ねるとともに、かっ色を帯びた重々しいものへと変化して行きました。多くの天才画家たちがそうであるように、一ヶ所にとどまることなく新しい表現様式を求め続けた結果といっていいでしよう。ティツィアーノはその時々の年齢になって初めて表現可能となる何かを、その画中に込めているように私には思われます。

彼の青春期の代表作といっていい作品は、水の都ヴェネツィア中央部に位置するサンタ・マリア・グロリオーザ・ディ・フラーリ聖堂の中央祭壇を飾る大作「聖母被昇天」です。聖母マリアが天に召されるその時を、ドラマチックな構図と色彩を用いて描いています。多くの文人たちがこの絵より様々なインスピレーションを得ました。音楽家のワーグナーも楽劇「トリスタンとイゾルデ」第3幕を構想中にこの絵に出会いました。彼はそこに描かれたマリアを見て「この聖女はイゾルデそのものだ」と言ったそうです。

画家としての名声が高まるにつれ、16世紀前半の時代に多大な権勢を誇つた人物たち、ローマ法王をはじめヨーロッパ中の王侯貴族から肖像画の制作依頼を受けました。これらは多くの名画となって残りました。ティツィアーノの絵画は、ヴェネツィアの大きな聖堂・教会と、イタリア、スペイン、フランスそしてイギリスの名だたる美術館で鑑賞することができます。

彼の作品の中で、私のもっとも好む絵の一つ「ディアナとアクタイオン」はロンドンのナショナル・ギャラリーにあります。ティツィアーノの晩年の作品(70代前半)ですが、狩猟の女神ディアナが猟犬を伴ってアクタイオンを追い詰め、その命にとどめを刺すべく弓矢を放つその瞬間を、嵐に騒めく森の木々を背景に描いています。

下の絵は東京都美術館で開かれた「ティツィアーノとヴェネツィア派展」のパンフレット表紙を飾った「フローラ」(1515年)です。

 

2017/11/17
ヴェネツィアの画家ティツィアーノ その1

昨年より本年初めにかけて、日本とイタリアとの国交樹立150周年を記念した、イタリアを代表する大画家の美術展が東京を中心に数多く開催されました。ルネッサンス前期を代表する画家ボッティチェリや、バロック絵画を切り開いたカラバッジョなど、これまで日本ではなかなか観ることの難しかった名画が数多く招来され、多くの観客が(私もその中のひとりですが)作品の魅力を身近に味わったことと思います。レオナルド・ダビンチやミケランジェロなど日本での人気の高い芸術家の展示も多かったように思います。

そんな中にあつて、イタリアルネッサンス芸術の最盛期に、水の都ヴェネツィアで活躍したティツィアーノの絵も数点ですが観ることが出来ました。「ティツィアーノとヴェネツィア派展」と題されたこの美術展では、15世紀から16世紀にかけて海洋交易により発展し、この時期に都市国家としての最盛期を迎えたヴェネツィア共和国で、芸術分野の黄金期を支えた芸術家たちを紹介していました。ジョヴァンニ・べッリーニに始まりジョルジオーネ、ティツィアーノさらにティントレット、ヴェロネーゼ等々が素晴らしい作品を残しています。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488/90-1576)は、日本での知名度が高くない画家ですが、イタリアはもちろんヨーロッパでは評価の定まった人気の高い芸術家のひとりです。当時としては珍しい彼の長き生涯において、その才能を存分に発揮して、キリスト教の世界やギリシャ・ローマの神話世界を創造力豊かに表現することに成功しています。一方、優れた人間観察によって描かれた肖像画は、どんな人物を対象とした時でも完成度の非常に高いものとなっています。

 

 

2017/09/25
我が愛車「ランカスター」

私は今、製造から20年になろうとするボロ車に乗っています。スバル車「ランカスター」の走行距離は、あと少しで15万Kmにもなります。4年前、10万Kmを超えたあたりで、エンジンオイルの大量漏れが発生し高速走行ができなくなりました。そこで、タイミングベルトの交換と同時にエンジンブロックシールの全面更新を行いました。多額の出費をみましたが、経年劣化する部分であるため仕方ありません。

今走っている車のほとんどがオートマチック車ですが、私の「ランカスター」はマニュアルトランスミッションです。マニュアル車にもいい点があります。燃費性能です。今までの記憶に残る最高実積は、ガソリン満タン60Lを給油し、高速道路を時速80Km前後の定速走行を続けて750Kmの距離を走った事でしょうか。2500ccの車としてはまあまあかと思いませんか。

自動車は常に主要部品の点検、更新が大切との認識のもと、油脂類、交換部品を含む17項目を一覧表にして管理するのが私のやりかたです。日頃からのチェックにより、車検の時には法定費用と基本料金のみとなるよう努力しています。今年の8月下旬に終了した最新の車検も、問題なく無事通過できました。

ところで、この車の名前は、イギリス、イングランド北西部ランカシャー地方の中心都市「ランカスター」といっしょなんです。中世イングランドのバラ戦争で有名なヨーク家の白バラに、ランカスター家の赤いバラ。その赤い方です。イギリスを訪れた仕事合間の一日に、ロンドンから3時間電車にゆられてこの町を訪れました。

18世紀から19世紀にかけて建てられた灰色の石造りの家々が、小高い丘に向かって整然と続く街並み。大西洋へと流れ込むルーン川の大きな河口に面した落ち着いた佇まいの町でした。北国の3月の寒気の中、夕暮れに染まる町を見下ろせる高台から、静かに横たわる薄墨色の海を見ることができます。

イギリスの北の町の、美しい光景の中を走る「ランカスター」の雄姿を想像してみます。そうしているうちに、文句も言わず、長年にわたって連れ添ってくれる伴侶への気持にも似た感情が、この車に対しても芽ばえてきたのかもしれません。いずれにしても、これから20万Kmを目標に、愛車「ランカスター」と、あゆみを共にしたいという思いを強くする今日この頃です。

時間をともに歩んできた、人間と愛された品物たち。少しの間、アンティークの世界に立ち寄ってみませんか。
SHOPぺージで商品紹介しております。ご覧ください。

下写真はランカスター城

1 / 212